低糖質 桜のケーキ

5月のレッスンは、この時期にピッタリの陰と陽を取り入れた「ユッケ風のり巻き」と血液をキレイにする「はんなり桜ケーキ」でした!
あとアジアン風コールスロー (生徒さんは、これは美味しすぎてボウル1杯食べれると言ってました)

桜の花と葉は、塩浸けすることでクマリンというあの芳しい香りのポリフェノールが生成されて、血行促進、むくみ解消、神経を落ちつかせる、まさに日本のアロマ!

メインがカシューナッツなので、GI値 (体に入った時にその食べ物が糖に変わって、血糖値が上がるスピード)低く、糖代謝に必要なB1, B6良質のタンパク質 ミネラル ビタミン豊富で脂肪の消化を助ける。
あと、アガベシロップなど材料、全て低下GIなので、血糖値がきになる人でも安心して食べれるケーキです。
ほんのりピンクの部分はビーツパウダーで色付け。ビーツは食べる輸血というくらい鉄分が豊富なのと、肝臓の機能を高めて、肝臓に脂肪がつくのを助けてくれます。
とってもクリーミーで、桜の葉の香りと優しい甘さに心が癒されます。

実際に体調を崩してどうやって回復したか、など生徒さんから色々な話が飛び出し、
逆にとても勉強になり、とても有意義な時間を過ごせました〜

次回はまだ決まってませんが、メニューが決まり次第またご案内しようと思います

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です