卵を使わないオムライス

10月のメニューは、喉も皮膚も乾燥しがちな秋に体を潤すメニューがメインでした。
柿、クコの実、リンゴ、大根葉など使ったスムージーは、色はハロウィンらしく、
魔女の秘薬のような色になってしまったけど、味はとてもスッキリ美味しくできました。
オムライスのご飯は、六分つきのミルキークインに、モチ麦、黒米、を混ぜ初めて炊いたもので、ローフードレッスン史上初の炊飯米の登場。
卵焼きには自家製デミグラスソースとケチャップを添えましたが、これが、
なかなかの評判!   魚のムニエルとか色々使えるので重宝します。
何人か集まったら、講座を開きますのでご要望のある方は連絡してくださいませ! 🙂

*   乾燥肌対策  アンチエイジング・スムージー
* 秋野菜の彩りサラダ
* アレルギーカット  卵を使わない ふわとろオムライス  with 自家製ケチャップ
* 目からウロコの RAW きんぴら
*   パンプキンタルトパイ

 

 

 

 

 

 

 

 

完全栄養食のように言われている卵ですが、それは、ワクチンや殺虫剤、殺菌剤などの薬漬けでなく、遺伝子組み換えでない餌を食べて、広々とした場所での平飼いで、ストレスなくのびのびと育った健康な鶏が産んでくれた卵で、合成洗剤で洗ったり塩素で消毒していないものなら、の話です。
だけど、このような卵は一般に売られている卵全体のわずか1割以下。
じゃあ、その1割の卵ならどれだけ食べても大丈夫なのか?
実は、卵のたんぱく質は、消化管の中でスムーズに処理されず、 胃腸に著しく負担をかける為に、 腸壁をすりぬけて血液の中に入り、それによってアレルギー体質を作りやすくします。(リーキーガッツ)
また、卵のコレステロール含有量はとても多いので、 消化酵素の一つ、トリプシンの働きを 阻害する作用があります。くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう!

秋に向けてのクレンジング メニュー

9月は、食欲の秋に備え、体のお掃除ができる酵素たっぷりのメニューでした。

胃腸などの粘膜を守るムチンたっぷりのモロヘイヤを使ったスムージー
βカロテンの量がダントツに多い豆苗を使った和え物
担々麺の麺はトコロテンで、デトックス力をUP!
生春巻きで使ったキャロットソースは、子供でもたくさんの人参がペロリと食べられる人参臭さがゼロのソースで、これはすごく美味しいと評判でした。
豆乳スイーツでは、抗酸化力抜群のアサイーよりもポリフェノール5.4倍、さらに7倍の抗酸化物質を含むマキベリーを使いました。
今回はたんぱく質分解酵素がどれもたっぷりで、動物性たんぱく質を摂る前に食べると消化を促してくれるのでオススメです! 10月は卵を使わないオムライスが登場しますよ〜ん!   お楽しみに〜 😉

RAW ラザニア レッスン

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は飲食業の受講者さんが、お客様が動脈硬化にかかられる方が多いということで受講されました。生徒さんの身内の方や、知り合いの方も癌の方がいたり…でも、皆自分は大丈夫と思ってるんですよね。

内藤聡さんのブログにもありましたが「オレはコンビニ弁当を食べているが元気だし病気になってない」などと主張しているオッサンがいるが、それそのものがバカで無知である、とした上で、慢性毒性の中に脂溶性毒性とミネラル毒性があり、これらに対して大半はすぐに体調の変化を感じたりしないが、5年、10年、15年と年を経てから現代病という形で現れてきたり、子供や孫に障害が出てくる性質のものとかで、そう言えば、最近、周りの赤ちゃんに障害が多いのは (私の周りだけか?)そのせいなのかなとふと思ったりしたわけです。
食べたいものを食べて自分だけポックリ(そういう人は、大抵ポックリとはいかないですが)逝ければいいんですが、やはりそれなりの代償はどこかでくるという事でしょうか。

あっ、料理の方は、今回品数が多くバタバタしましたあ、まいう〜頂きました! 

楽しかったローチョコレート レッスン

あると ついつい、つまんでみたくなるチョコ。それが、体に優しく、酵素、ミネラルたっぷりのチョコなら、ついつい食べ過ぎても許そう〜っという気になります。今回は、生徒さんがご自分の畑から朝採ってきたばかりの紅芯大根を持参されたのでサラダに入れさせてもらいました。好きなナッツやドライフルーツで飾り付けて自分だけのチョコは格別な美味しさ! 1ヶ月くらいかけてチョビチョビ食べてもらうつもりで山盛りのチョコをお持ち帰りいただきましたが、果たして1ヶ月持つかどうか…