夏休みの学習習慣の定着率をUPする工夫

− Benesse より


学習習慣の定着率をUPさせる工夫

子どもの学習習慣は、日常の生活習慣と一体のものです。学習を習慣づけるには、まず生活のリズムを整えることが大切です。生活のリズムとは、起きる時刻、朝食の時刻、寝る時刻、できればウンチをする時刻もそろうと良いですが、この4つの生理的なリズムを揃えることで整います。学習のリズムとは、毎日同じ時刻に勉強を始めることです。今回は、学習リズムを整えるうえでおすすめの工夫をいくつかご紹介します。

●「とりあえず1問」方式
朝食前にその日の勉強を1問だけやっておくと、勉強への見通しが立つので本格的に取り掛かるときのハードルが下がります。それが難しければ、やるところを開いて下敷きを入れておくなど、少しでも手をつけておくことが大切。

●音楽活用
毎日決まった時刻に同じ音楽が流れるようにセットしておき、その一曲が終わるまでに勉強開始と決めておきます。ある程度続けると、条件反射でその時間になると自然に勉強を始めるようになります。子どもに好きな音楽を選ばせると、自分で選んだという責任感から率先して勉強を始めたりしますよ。

●最初は単純計算から
勉強を始める時は、何から始めるかを決めておくと、学習のリズムを作ることができます。私のイチオシは、単純計算です。ランダムに並べた九九を解くなど、子どもの学年に合わせて1~2分でできるプリントを作り、毎日同じ問題を時間を計りながら解きます。時間を計ることで、緊張感が出て集中した状態で勉強が始められるし、タイムが上がると自信がつきます。一つ終わった達成感もありますよね。

●ヤル気を出させる「タスキ」
たとえば、「宇宙飛行士の卵、勉強中」と書いた「タスキ」をかけて勉強すると、自分の夢を意識して意欲が高まりますよ。

●「遊び」を「ごほうび」に変える
ゲームは勉強のあとにするなど、時間を工夫して「遊び」を「ごほうび」に変えるのもいい方法です。ゲーム機にかわいい布をかけて、使う時に「ジャーン」とはずすと、より特別感が出ていいですよ。

夏休みにぜひチャレンジして!

夏休みだからこそぜひおすすめしたいのが、好きなことを極めることです。たとえば、金魚を極める、サッカーを極めるなど、好きなことを思う存分やらせる。そうすることで、誰よりも好きで得意になれます。また、金魚の餌の食べ方や、リフティングのコツなど、いろいろ分析して毎日記録すると、自由研究にもなりますから一石二鳥ですよ。
学習習慣が身に付いている子どもは、夏休みの宿題を自主的に始められるし、最後までやり遂げることができます。当然、学力も上がるし、勉強以外のやりたいことができる時間も作れ、楽しい夏休みを過ごせたという充実感も持てます。そうすると、2学期も生き生きとして臨めます。ですから、学習習慣を身に付けさせることはとても大切です。でも、そもそも夏休みは暑いから休む「お休み」です。それを忘れないで、ある程度許しつつ接してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です