お肉について

昔に比べて日本人が食べるお肉の量は大幅に増えました。
ただ、こういう事も背景にあるということを、少し頭に置いておいた方がいいかも…(..*)

① 肉約450g生産するのに、一家庭、一ヶ月分の水が使われ、大量消費は、地球の砂漠化を促します。

② 家畜から排出されるメタンガスは、温室効果ガスは全排出量の約18%にも登り、地球温暖化に少なからぬ影響を与えます。

③ 肉の生産には、飼料として大量の豆、穀物、野菜を使うため、タンパク質 を得る効率を比較すると、肉食1人分は、菜食約20人分に相当します。

世界では、5秒に1人の子どもが飢え死にしてますが、皆が肉食を半分に減らすことで、食糧問題の一助になるということです。

片や、今やグルメ グルメで食べ過ぎで、生活習慣病患者が急増している日本とはえらい違いですね。

http://www.huffingtonpost.jp/wotopi/post_7332_b_5131938.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です